語学留学について

語学留学について
自分の目で見て、新しい文化を吸収し
様々な国から参加している外国人と交流しながら、自分の道を見つけよう!
短期留学、長期留学と海外で英語を身に付ける事を目的としています。
短期留学は期間が短いので気軽に行く事ができ、仕事の休暇や学校の長期休みに行かれる方が多いです。
しかし期間が短いので英語を身に付けると言うよりも海外で英語に触れ合うイメージです。
英語と触れ合うことで次の目標を見つけ、再度留学に行かれる方、ワーキングホリデーに行かれる方も多くみえます。
長期留学は海外で生活できる期間が長いので、資格取得や進など選択肢が多くなり自分の英語を学ぶ目的もより明確にする事が可能となります。
集中して英語を学び第二の言語として身に付けるのに長期留学はお勧めです。
語学留学の魅力
英語スキルが身に付く
英語を学ぶことで英語スキルを身に付けることができる。
新しい目標が見つかる
海外で英語を学ぶことで新たな目標を見つけ、再度留学へ行かれる方やワーキングホリデーに行かれる方も多くいます。
友達ができる
海外生活では多くの方と出会います。仲を深め新たな友達をつくることができる。
海外で生活ができる
留学中は日本とは違った環境で生活することになります。そのような環境での生活は、きっと新しい経験や発見があるでしょう。
語学留学に関するQ&A
語学留学に関するQ&A
語学学校はどんなところ?
企業が運営する語学学校または、大学が運営する付属の語学コースと様々。大規模なチェーン校から、小規模でアットホームな学校があります。大学付属のコースはキャンパスで学べるのが特徴。キャンパス内の施設が使えたり、現地の学生と交流できる機会も多いです。
英語力はどれくらい必要?
語学学校の入学には英語力は問われません。初心者レベルから上級者レベルまで幅広くコースを開講、自分の英語レベルに合ったクラスで学ぶことができます。学校初日にクラス分けのためのテストがあり、レベルに合わせたクラスのレッスンを受けることができます。
クラスメイトはどんな人?
クラスメイトはアジアや南米、ヨーロッパや中東など様々な国の留学生が集まり、 1クラス10名前後の少人数制で授業が行われます。国の偏りがないように、国籍制限を設けている学校もあります。 レベルが低いクラスだとアジア人が多い傾向が見られます。
語学の他に何が学べるの?
語学留学には一般の語学コース以外にも、TOEICやTOEFLなどの試験対策コース、 大学への進学準備コースなどがあります。また、ヨガやサーフィンといったアクティビティ系、看護師やバリスタ等の資格と語学コースと組み合わせることも可能な学 校もあります。
どんな所に滞在するの?
留学生の主な滞在方法には、ホームステイ、寮(学生寮・民間寮)、アパートがあります。短期の語学留学なら、1日でも早く海外での生活に慣れ、会話力も磨けるよう、ホームステイがおすすめ。長期の留学なら、はじめはホームステイし、慣れてきたらアパートに移るなど、状況に応じて住み替えることも可能です。
どんな費用が必要?
語学留学に必要な費用は、授業料・滞在 費・食費・航空運賃・教材費・お小遣い・交通費・保険料・諸手続き費用などが挙げられます。滞在費はホームステイや寮など滞在方法によって異なります。また、国や都市によって物価が違うので、留学先によって生活費に差が生まれたりします。

ワーキングホリデーについて

ワーキングホリデーについて
海外でワクワクする新しいチャレンジ。
目的はそれぞれ仕事、旅行、勉強も全ては自分のスタイルで。
ワーキングホリデーは海外で生活しながら働く、学校に通う、旅行する事ができるビザです。
自由度が高く海外で生活していく上で選択肢を広げていく事が可能となります。自由度が高い為目的を出発前に決める、
もしくは渡航後の早い段階で明確にする事が大切です。目的を明確にする事で海外での生活が充実していくでしょう。
様々な経験、多くの人と出会うことも多いので、きっと貴重な時間を過ごすことができるでしょう。
ワーキングホリデーの魅力
海外で働く事ができる
様々な場所・人と働く事によって様々な経験ができる。
旅行ができる
1人で、知り合った友達といろいろな場所へ旅行に行く事ができる。
友達ができる
海外生活では多くの方と出会います。仲を深め新たな友達をつくることができる。
挑戦できる
1年という期間を海外で過ごすことがきるので、様々な事ができる。
ワーキングホリデーに関するQ&A
ワーキングホリデーに関するQ&A
英語力はどれくらい必要?
英語力はやはり必要です。日常英会話レベルができないと現地のジャパニーズレストランと選択肢が狭くなってしまいます。現地の企業、海外で働くには日常英会話レベルが必須になります。 語学学校に通い日常英会話レベルを身に付けるのがオススメです。
どんなところで働くの?
ファーム(農場、牧場)、カフェ、レストラン、ホテルと多種多様な仕事があります。 しかし英語力により選択肢が狭くなるので英語力は高い方が良いでしょう。
留学とは何が違うの?
留学といえば、「学ぶ」ことを主目的とした滞在方法なので、現地で働くことについては不可または制限があります。一方、ワーホリについては国際交流や異文化理解が元々の目的ですから、自由な海外生活(学ぶ、働く、旅する)をすることができます。
どんな所に滞在するの?
滞在方法には、ホームステイ、ホテル、アパートメント、シェアハウスと様々。 ファームで働く場合はシェアハウスで住み込みで働くパターンが多いです。シェアアパートメント、シェアハウスは他国の文化、英会話の上達、友達ができやすい環境なためオススメです。
どこにでも行けるの?
ワーキングホリデー制度を使って渡航できる国は、「日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国」に限られます。なので、アメリカやフィリピンなどまだ日本とワーキングホリデー協定を結んでいない国へはこの制度を使って渡航することができません。
どの位の期間滞在できるの?
ワーキングホリデービザで滞在できる期間 は最大1年間です。 オーストラリアのみセカンドワーキングホリデー制度があり条件を満たせば更に1年間の滞在期間が認められます。

留学までの流れ

留学前から、留学後までトータルサポート!
初めての留学で不安・実は英語が苦手…という方でも
安心して着実に上達できるよう、初心者サポートをご用意しています。
STEP 01
カウンセリング予約
カウンセリング予約
まずは電話もしくはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。留学・ワーキングホリデー経験者が渡航中に培ったネットワークを活かし情報を提供しております。
STEP 02
留学カウンセリング
留学カウンセリング
留学について何も決まっていなくても大丈夫!まずはお気軽にご相談ください。留学・ワーキングホリデー経験のあるプランナーが一人ひとりに合ったオリジナルプランをご提案します。
STEP 03
お申し込み手続き
お申し込み手続き
納得できる留学プランが決まったら、留学サポートプログラムにお申込下さい。お申込後はいよいよ手続き開始です。プランナーと定期的に相談し留学に向けての準備を行っていきます。
STEP 04
渡航・滞在先などの各種手配
渡航・滞在先などの各種手配
入学手続きと並行して、滞在先の手配・パスポートやビザ申請等のあらゆる手続きをサポート致します。留学・ワーキングホリデー経験者のプランナーだから安心して留学準備を進める事ができます。
STEP 05
英語放題で語学力UP!
英語放題で語学力UP!
留学前・ワーキングホリデー出発前は、語学力に不安を持っている方もみえます。その様な不安を取り除く出発前英会話レッスンを設けています。出発前に語学力を伸ばしていく事は、留学・ワーキングホリデーを充実させるには不可欠です。
STEP 06
留学前オリエンテーション
留学前オリエンテーション
留学前はいろいろと不安なことも多いです。専任カウンセラーが現地の情報や失敗しない留学のアドバイス、海外生活で気をつけることなどオリエンテーションを行い、不安を解消していきましょう。
STEP 07
留学中もしっかりサポート
留学中もしっかりサポート
求人情報の提供や滞在先の情報提供やアドバイスを行います。また、スカイプ・メール・電話等で個別カウンセリングも可能です。
留学前だけでなく留学中もしっかりサポート致します。
STEP 08
就職・語学力キープのアドバイス・サポート
就職・語学力キープの
アドバイス・サポート
帰国後、就職についてアドバイス致します。せっかく身についた語学力は英語放題オリジナルプランでキープできます。
MENU CLOSE
LET'S GO 自分留学
無料相談受付中 無料相談受付中
パンフレットを見る