海外のトイレ事情【アメリカ・カナダ編】

日本は外出中トイレを使いたくなったら、どこにでもトイレがあり誰でも使うことができます。
ですが北米には公衆トイレが少ないので見つけるのに苦労します。
なぜかというと、性犯罪を防ぐという目的やホームレスやドラッグ中毒者が中に入り浸ることを防ぐ目的があります。
なので多くの場合、カフェやレストランでも使用する時に 鍵を借りる、暗証番号を聞くなど店員さんの許可が必要となり勝手に使用できないところもあります。
空港やデパートのトイレでも、ドアの下の部分が結構空いているのでビックリすることがあるでしょう。
これも犯罪防止のためです。

トイレの呼び方は?

アメリカでは「restroom」「men’s room / ladies’ room」など、
カナダでは「washroom」と、英語圏でも国によって使う単語が違ってきます。
海外に行くと日本のトイレが充実していることを再確認します。
国が違うとトイレのシステムが違うことがあるので、事前に調べておくと心構えができるでしょう。

MENU CLOSE
LET'S GO 自分留学
無料相談受付中 無料相談受付中
パンフレットを見る