ジュニアプログラムに参加しよう!

グローバル化に対応した英語教育

近年グローバル化が加速していく中、日本の英語教育に関して改善と修正が行われています。具体的に言うと若い世代の英語教育の充実化と改善です。具体的な内容は読む・書く英語スキルだけではなく、聞く、話すというスキルも必要だと言ってます。簡単に言うと英語でコミュニケーションをとって世界でも通用する人材にしていきましょうという事です。
その中でも若い世代のグローバル人材を増やしていきましょうという目的で英語教育改革が行われています。

早い段階で英語に触れあう

子供の内に英語を学ぶという事は、学習スピードが速く吸収力が高いため、 英語を早期に開始すればするほど、当然、習得スピードは速くなります。
この点は、より小さい頃から英語に触れることで大きなメリットになると言えます。逆にいえば、大人になってから英語を習得しようとすると、子どもの頃の習得スピードに比べて遅くなります。
この事は英語に限った話ではなく物事を学ぶとき全般に言えることです。
次に英語に対する抵抗の低さも子供の内に学ぶ方が低いです。
英語に限らず母語も含めてひとつの言語を自然に習得していくためには、多大な時間と労力を必要とします。24時間触れていられる母語に対しては、自然に習得できるは当たり前の環境ですが、英語のような第2外国語の習得の際は、意識して英語環境にしないと機会が増えないかと思います。そのため、「勉強」という意識をもって学習しなければ、自然と身につくことは難しくなります。大人で学ぶのと違い子供時代に英語学習を行うことによって、この問題は軽減されます。年齢が低い子供ほど、固定概念ができていないため、スムーズに英語が入り込むので抵抗感が自然と少なく済むのです。
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、アメリカ、イギリス、フィリピンの語学学校は日本の春休み期間や夏休み間にジュニアプログラムやサマーキャンプの英語教育に力を入れています。同世代の多国籍との友達ができる環境で英語に触れあうので抵抗なく英語に触れあうことができます。名古屋にあるる留学エージェントの自分留学はジュニアプログラムやサマーキャンプもサポートしております。先ずはお気軽にお問合せ下さい。

MENU CLOSE
LET'S GO 自分留学
無料相談受付中 無料相談受付中
パンフレットを見る