オーストラリアワーキングホリデー変更点

ワーキングホリデーが3年に?!

昨年の冬にオーストラリアワーキングホリデーに関する変更点がオーストラリア移民局サイトに掲載されました。
その内容は、ワーキングホリデーの期間が最長で3年可能という事です。
もちろんそれに当てはまる条件をクリアーしないといけません。
またオーストラリアは同一雇用主の元で最長6か月までしか働けませんが、
季節労働者に限り同一雇用主の元で12か月就労可能になりました。

ワーキングホリデーだったら誰でも3年滞在できる?

ワーキングホリデーだからといって誰でも3年滞在できるというわけではありません。先ずはセカンドビザを取得して、セカンドワーキングホリデービザで滞在している際に6か月の季節労働を行う必要があります。この新制度は2019年7月以降に適用されるので、詳細などはまだ明確にされておりません。ワーキングホリデーで長期滞在したい方はオーストラリアがおススメです。

ワーキングホリデービザ条件は変更される

今回の様なオーストラリアの様なワーキングホリデー条件や内容の変更は、
いつ変更されるかわかりません。VISA申請は時には複雑化されることも珍しくありません。英語放題は留学、ワーキングホリデーを無料サポートしております。もちろんVISA申請サポートも無料で行っております。経験のあるスタッフがサポート致しますのでその辺りも安心できるかと思います。

 

 

 

MENU CLOSE
LET'S GO 自分留学
無料相談受付中 無料相談受付中
パンフレットを見る