留学中のアウトプットはどうすればいいの?

海外へ来て学校と家の行き来では日本にいるときと英語を使用する機会があまり変わらないかもしれません。せっかく留学、ワーキングホリデーで海外に来ているのだから現地の人と積極的に交流をしアウトプットの機会を増やしましょう。

街中で

海外の方はおしゃべりすることが好きな方が多いです。
コーヒーを買いに行ったカフェや食材を回に行ったスーパーなどの店員さんに気軽にHello!と声をかけてみましょう。
すると店員さんもHelloやHow are you doing?などと返事をしてくれます
何回か会話のキャッチボールができるようになると買い物に行くのも楽しみになりますね。

公共施設を利用する

図書館などでは無料でEnglish class、ESL classが開催されていることがあります。
ESLはEnglish as a Second Language(英語以外を母国語とする人たちのための英語)の略で英語が母国語でない学生のために設けられた英語プログラムです。語学学校以外でも英語を勉強している人はいます。
学校とは違った刺激を受けることが出来るはずです。

アプリを使ってみる

Meetupというアプリを使ってみる方法もあります。
日本ではまだ認知度が低いかもしてませんが、趣味や関心のあることのイベントに参加しオフラインで実際に集まるというサービスです。
サイトが英語なので、英語を話せる人たちが集まっているのが特徴です。
Language Exchange(語学交換)はもちろん自分の興味のあるイベントに参加することで楽しみながら英語を使う機会が増えます。

まとめ

現地でしか体験できないことをしてアウトプットの機会を増やし、海外生活を有意義に過ごしましょう。

MENU CLOSE
LET'S GO 自分留学
無料相談受付中 無料相談受付中
パンフレットを見る